同居の親は少し認知症気味ではないですか?
そんな親で困るのが突然家からいなくなってしまう 徘徊 です。
それに備えて認知症の親が徘徊した時に便利なのがGPSキーホルダーです。
これさえ持たせておけば、万一認知症の親が徘徊してしまった待った時でもすぐに見つけることができます。

しかし意外と頭を悩ませるのは認知症の親のGPSの持たせ方かもしれません。
親自身は自分が認知症だということは絶対に認めてはくれません。
だからこそ徘徊時に備えてGPSを持たせることは至難の業です。
自分からGPS機器を持とうとしないのですから、介護するほうも知恵を絞らなければなりません。

そこで、おすすめの認知症の親のGPSの持たせ方は
介護杖にアクセサリーを付けてGPSキーホルダーを紛れ込ませる
歩行器にGPSキーホルダーをつける
いつも持ち歩くカバンにGPSキーホルダーを忍ばせる
です。

認知症の親自身が自分でGPS機器を持とうとする考えがないのですから、あえて気づきにくいように持たせるしかありません。

おそらく高齢の親なら
・介護杖
・歩行器
・カバン(ポシェットなど)
なにかしら外出時には必ず使うものがあるはずです。
そこにGPSを忍ばせておくのはいかがでしょうか?

認知症の親のGPSの待たせ方で重要なのはバッテリーの持ち

認知症 GPS 持たせ方

今はGPS機器の進化には目覚ましいものがあります。
特に子供の見守り用GPSが各社からたくさん発売されています。

その中でもおすすめなのが「ソラノメ」です。

このソラノメの特徴はバッテリーの持ちです。
1回の充電で1週間使えます。、
これなら、介護杖や歩行器やカバンにつけっぱなしでも大丈夫ですよね。


価格も月額539円ですから負担もさほど大きくはありません。

特に高齢者なら移動の速度はかなり遅いはず。
そこでGPSの精度は少し落ちますがGPS信号の発信周期を遅くすればもっとバッテリの持ちは長くなります。

\親の徘徊防止に使えるGPS携帯端末が月額539円で使える/
子供用見守りGPS「ソラノメ」 公式ホームページ

意外なことに身体だけ弱ってしまって自分で満足に動けない高齢の親ほど四六時中 なんだかんだと文句や嫌味をいうくらい頭はしっかりしています。
でも逆に文句も言わない?会話も成立しない?そんな認知症気味の親ほどいたって身体は元気でどこにでも勝手に出歩いてしまいます。
ちょっと目を離した隙に外に勝手に出て行ってしまう?
近所を探し回っても見つからない?
挙句の果てには警察に相談しなければならない事態になったことはないでしょうか。
そんな経験をした方ならぜひ認知症のGPSキーホルダーの使用も考えてみてください。
そんな方に知っておいて欲しいのが
月額480円で使える便利な小型GPS携帯端末「ソラノメ」です。
本来これは子供の見守り用として人気の商品なのですが、これが認知症の親の徘徊防止に役立つのです。
介護保険が適用できるGPSもあるのですが、これが意外と使い勝手が悪いのです。

認知症の親にGPSの持たせ方で悩んでいるなら子供見守り用GPSキーホルダーが便利です。


今、子供の見守り用のGPSキーホルダーがとても人気なのを知っていますか?
共働き夫婦が増えたこと!
幼い子供の事件が多発していること!
そんな心配する親御さんがこぞって子供にGPSキーホルダーを付けさせているのです。
これ、本当にすごく進化していてメチャクチャ使い勝手がいいのです。

こんな便利なGPSキーホルダーを認知症の親にも使ってみませんか?
いくら少子化の時代とはいえ、認知症の徘徊する老人より子供の数の方が圧倒的に多いのが現実。
そこでメーカーも子供の見守り用にGPSをたくさん開発販売しています。
ですので、介護用のGPS端末よりも子供見守り用GPSキーホルダーの方が圧倒的に
「デザイン」
「アプリの使い勝手」
「バッテリの持続時間」
「小型軽量化」
などが介護保険適用のものより数段上なのです。
介護保険が使えないとはいわずかえ月額539円から利用できますからそれほど大きな経済的負担ではないと思います。
意外と介護保険適用可の介護用GPSのいほうが高いことも少なくありません。
このあたりは一度調べてみてくださいね。


小さな子供も認知症の高齢者も見守りのやり方はほとんど同じです。
ぜひ一度、「ソラノメ」の公式ホームページをチェックして認知症の親の徘徊防止に使えないか?
チェックしてみてくださいね。

一番助かるのはフル充電で約1週間そのまま使えるということはありがたいですね。
スマホではもっても2~3日でバッテwリーが切れてしまいますからね。
結構 今は杖にキーホールダーみたいな飾りをジャラジャラつけている方も多いですからその中に紛れ込ませることも可能かもしれません。
また普段使うバッグにさりげなく付けておくのもいいかもしれません。

\親の徘徊防止に使えるGPS携帯端末が月額539円で使える/
子供用見守りGPS「ソラノメ」 公式ホームページ

認知症の親にスマホ携帯の持たせ方が難しいから子供見守り用GPSキーホルダーがおすすめなんです


携帯電話
特にスマーフォンなどには徘徊した時にすぐに探せる便利なGPS機能が備わっています。
ですから、徘徊が心配な認知症の親にスマホなどの携帯電話を持たせようとする子供たちも多いのですが、あまりうまくいかないことが多いです。
それは、
スマホにかかってきた電話の取り方もわからない認知症の親にスマホは無用の長物でしかない
そもそもそんなスマホを肌身離さず持ち歩く高齢者なんていません
という現実を知っておいてくださいね。
ですから
スマホ携帯のGPSで親の徘徊防止には役に立たない
ということなんです。

その点、子供用GPSキーホルダーはよく考えられています。
子供も高齢者もGPSのことなんか気には留めてくれません。

認知症の親のGPSの持たせ方
いつも持つカバンにつける
介護用杖のアクセサリーに紛れ込ませる
家の鍵と一緒につけておく
なといろいろな方法があります。



このあたりはGPSキーホルダーを持ってくれない子供に対してよく考えられている子供見守り用GPSキーギルダーが優れているんです。
介護用よりも軽量小型化されています。

徘徊する認知症の親に持たせやすい子供用見守りGPS携帯キーホルダーが役に立つ

認知症の親の徘徊防止に子供用見守りGPS携帯端末が役に立つ

徘徊した時にすぐに見つけだせるようにとGPS機能をがあるスマホ携帯
いくら持たせようとしても持ってはくれないのですから仕方ありません。
そこで、ご提案したいのが子供見守り用のGPS携帯端末です。

こういったサービスは介護用品でもありますがデザインがイマイチなのと料金が少し高いです。
意外と全く同じ機能やサービスなのに広く普及している子供見守り用GPS携帯端末のほうが安くて使いやすいのです。

認知症の親の徘徊の時に子供見守り用GPS携帯端末「ソラノメ」を使う楽ちん簡単な探し方

子どもを認知症気味の高齢の親に置き換えてこちらの紹介動画を観てみてください。


自らGPS携帯端末を持って歩く子供なんていません。
これは高齢者も同じです。
さりげなくランドセルにつけたり
自宅のカギとワンセットでペンダント首掛けにしたり
みなさん工夫してGFPS携帯端末を子供に常時携帯させるようにしています。
これって認知症の高齢者もおなじではないでしょうか?

携帯GPS「ソラノメ」は月額利用料金539円

このGPS携帯端末「ソラノメ」の利用料金は月額539円です。
もちろん、
初回事務手数料3000円
端末代金13200円(24階分割払いの場合 毎月550円)
は別途かかってしまいますが、それでもご負担は決して大きい物ではありませんよね。
わずか539円で徘徊防止のための安心感が得られるのならお安いものではないでしょうか?


徘徊防止にとても便利な登録地点到着通知機能

GPS携帯端末「ソラノメ」には
自宅、デイサービス、病院
など予め登録しておけば
そこを出た時や到着した時に通知してくれる機能があります。、

これがあれば、気が付かないうちに認知症の親が外出してしまってもすぐにわかります。
まだそれほど遠くに行っていないのなら探し出すのも簡単です。
ただ、無理やりに家に連れ帰るのではなく、しばらく散歩に付き合う気持ちで優しく接してあげてくださいね。
どうして徘徊するのか?
そんな重要なヒントも得られるかもしれないのですか・・・・

\親の徘徊防止のGPS携帯端末が月額539円で使える/
見守りGPS「ソラノメ」 公式ホームページ

徘徊してしまう認知症の親の探し方は「外に出ないようにする」よりも「GPS携帯キーホルダーですぐに探せるようにしておく」ことのほう良い

認知症の親の徘徊防止には「外に出ないようにする」よりも「GPSですぐに探せるようにしておく

一度でも認知症の親の徘徊で問題になった家族たちはどうしても
「外に勝手に出れないように!」と
鍵を二重にしたり
玄関チェーンをつけたり
と外に出れないようにすることばかりに考えがいってしまいます。
でも、それは認知症の親に大きなストレスを抱え込ませることになります。
認知症の方の徘徊って、ただ外になにげなく出てしまうのではなく
なにかしらの目的をあって外に出ていくのです。
・家に帰る(自分の家にいるのに?)
・畑に農作業に行く(もう畠なんかしていないのに?)
・家族の食事の用意のために買い物に行く(独居なのに?)
認知症の親が徘徊する理由は様々なものがあり、それは本人にしかわからないものなのです。

【徘徊を繰り返す母に娘の悟り

「もう老人ホームに入れるしかないか?」徘徊する認知症の親にGPSキーホルダー使ってもう少しだけでも実家で暮らさせてあげることはできませんか?

もう完全に認知症になってしまって子供のこともわからなくなってしまtったのなら
「いよいよ老人ホームかな?」
と諦めもつきます。
でも、時々認知症の症状が出て徘徊してしまうこともあるけれど、まだまだなんとか親子の会話は成り立っている。
もしそん状況ならこんなGPSキーほつだーを活用してもう少しだけ今の実家で暮らし続けさせてあげることはできませんか?
そんなヒントのひとつになるかもしれない動画も紹介しておきますね。
これを観れば【認知症の世界】が少しだけでも理解できるかもしれません。

【ばあちゃんの世界①】

【ばあちゃんの世界②】

認知症の親の介護はとても大変です。
でも
なんとか、
なんとか
なんとかもう少しだけ頑張ってみませんか?
こんなGPSキーホルダーがそのことにほんの少しだけでも力になると幸いです。

\親の徘徊防止に使えるGPS携帯端末が月額539円で使える/
見守りGPS「ソラノメ」 公式ホームページ

最後に宅配寿司の「銀のさら」のCMも紹介しておきます。
これを観ればもう少しだけ認知症の親の介護を頑張れるかもしれません。

【子供の昔の好物を覚えている認知症の母】

GPSキーホルダーを持ってくれないならインターネットなしでも使える高齢者見守りカメラは?

いくら小型軽量GPSキーホルダーとはいえ高齢の親に常時持たせるのも難しいケースもあります。
そんな場合は月額4千円で使えるインターネット不要の見守りカメラも便利です。


【ネット環境なしで使える高齢者見守りカメラ】