認知症 症状

高齢になってきた親が最近
「物忘れが激しい?」
「同じことをなんども聞いてくる?」
「怒りっぽい?」
という意地とはありませんか?
確かに「加齢のせい」であることはいえますが、それにも程度があります。
もしかしたらそれって初期の認知症の症状かもしれないのいで気を付けてください。

こんな症状がでたら初期の認知症を疑え!同じ物忘れでも認知症には特徴がある


高齢の親の物忘れが激しくなってくると
「もしかしてボケたのでは?」
と不安にmもなりますよね。
誰しも歳を重ねれば、脳の働きも低下してきて「物忘れ」「物の人の名前が出てこない」ということは目うzらしか売りません。
しかし、それもい年相応のものであれば心配は要りません。
ただし
最近あったことをきれいさっぱり忘れている
同じことを何度も何度も聞いてくる
ことがひどいのであればひょっとしたらそれは認知症の症状かも知れません。

認知症は病気です

親が認知症と聞いてショックを受けるかもしれませんが、認知症は病気ということを知っておいてください。
ですから、認知症という病気がそんな言動や行動をお父さんやお母さんに取らせているのですから、決してお父さんやお母さんを嫌いにならないでください。
認知症は、脳の中に病的な変化が生じて記憶力や判断力などの知的な機能が著しく低下してしまい、日常生活に支障が出てしまう状況をいいます。
その主な病気が
アルツハイマー病
・脳血管性障害

です。

認知症のチェックリスト~歳相応の物忘れと認知症の区別する

「歳相応の物忘れなのか?」
それともひょっとしたら
「認知症の初期症状なのか?」
このあたりの線引きって簡単ではありません。
そこで3つのポイントで考えてみてください。

①物忘れがひどいか?
②今までできていたことができなくなっていう内科?
③それで日常性買うtに支障が出ていないか?

国立長寿医療研究センターが出している認知症のチェックリストも紹介していおき増すんド江さん王にしてみてください。・

認知症チェックリスト

チェク項目はあくまで目安であり、認知症の診断をするものではありませんが参考にはなると思います。

  • 同じことを行ったり来たりする
  • 物の名前が出てこなくなった
  • 置き忘れや姉妹忘れが目立ってきた
  • 以前はあった関心や興味が失われてた
  • だらしなくなった
  • 日課をしなくなった
  • 時間や場所の感覚が不確かになった
  • 慣れたところで道に迷った
  • 財布などを盗まれたという
  • ささいなことで怒りやすくなった
  • 蛇口。ガス栓の閉め忘れ、火の用心ができなくなった
  • 複雑なテレビドラマが理解できない
  • 夜中に急に起き出して騒いだ

いかがでしたでしょうか?
いくつか当てはまることがあったと思います。
それを踏まえてこちらの動画も参考になります。


認知症の症状の問題行動は対策は早期発見・早期治療しかない

残念ながら現在の医療ではまだ認知症の治療薬が開発されていません。
できるおは信仰を抑えることくらいしかできンまいのです。
ですから認知症の症状による問題行動が出てきたら、すぐに診察を受け早期発見・早期治療を考えなければなりません。

認知症には必ず減となる疾患があります。
その代表的なものが
アルツハイマー型認知症
脳血管性認知症
レビー正体型認知症
です。
認知症の根本的な治療はまだまだ開発されていません。
しかし、たとえ治らなくても
症状を緩和させたり
進行を抑えたり
するお薬は開発されています。
いずれにせよ認知症の症状による問題行動の対策は
早期に原因と特定し
早期に適切な治療を始める
ことが重要です。

認知症を診てもらう専門医はどこ?

いくら認知症の症状による問題行動の対策には早期発見・早期治療が大切だとはいっても
「認知症ってどこのお医者さんい診てもらえばいいの?」
と悩むと思います。
認知症は特殊な病気でもあり、かかりつけ医では相談にはのってくれても、的確な診察や治療は難しいかもしえません。

認知症の症状の疑いがあるのなら、まずは最寄りの地域包括支援センターに相談してみるのもいいでしょう。
認知症の専門的な治療が受けられる医療機関や各種の支援策を紹介してもらえるはずです。・

また
日本老年精神医学会
日本認知症学会
などのホームページもチェックしてみてください。
ここから「認知症の専門医を探すこともできます。


認知症専門医を探すより親に診察を受けさせるほうが難しいかも

認知症の千も二を探すよりも親に認知症の診察を受けさせることのほうがム図yかしいケースも少なくありあm線。
特に親自身に認知症の自覚がないことも多く、祖pの苦労は大きいモノです。
先に家族が受診して症状を伝えられることができる場合もあるので、諦めずに医療機関に相談して対応策を考えましょう。

おすすめ記事:この認知症のGPSキーホルダーは月額480円・週1充電でOKと超便利